MENU

外耳炎の薬は症状によって異なります。

スポンサーリンク

外耳炎と言うのは外耳道が炎症を起こすことで起きる病気です。
この病気と言うのは、軽症のうちに病気を治すことが非常に大事なっていくるものです。
外耳炎と言うのは、症状が重くなると、その治療期間と言うのも非常に長くなっていくものなのです。
そのため、長い人ですと、3年以上を経過しても症状が完全に治っていないと言う方もいらっしゃいます。
これは、慢性化した外耳炎の場合ではありますが、この症状と言うのは、たとえ薬で治療を行なっても、なかなか効果がでないと言うことがあります。
そもそも外耳炎と言うのは、耳の中にプールや海水浴、入浴などによって耳に水が入り込むことで、起こります。
この水を綿棒などで掃除した際に、外耳道に傷を付けることでその傷口に細菌が入り込むことで外耳炎に発展します。
この外耳炎は細菌の他にも、真菌というカビによって慢性化するということがあります。
慢性化をすると症状が改善してもしばらくするとまた症状が悪化してしまうと言う事があります。
外耳炎には、このような様々な原因によって色々な治療薬があります。
そして、その治療薬と言うのは、症状に合わないものを使用すると症状が悪化するということがあります。
そしてたとえ治療薬を使用しても症状が改善しないと言う事があります。

スポンサーリンク

そのため、自分の使用している治療薬がどのようなものなのかについての知識を持っている必要があります。
クスリと言えば、効果もそうですが、その反面で副作用があります。
これはどのような薬でも或ことですが、長期間のくすりの使用によって副作用を起こすことがあったり、体質によってはアレルギー反応を起こすということがあります。
この際に、治療にだから仕方ないと考えていると、また症状が悪化する事があったり、体全体に影響が出る事がありえます。その当たりのリスクも懸念する必要があります。
外耳炎のクスリと言えば「ゲンタシン」「フルコート」「リンデロン」「セフゾン」と様々あります。もちろんこれ以外の薬もあるのですが、これらは治療方法によって処方される場合とされない場合があります。
そして、薬の知識が必要な理由としては、外耳炎の薬というのは、ドラッグストアや薬局で気軽に購入できるという点でもあります。
上記にも記載をしましたが、症状にあった薬を使用しなければ、外耳炎というのは完治しません。
これは気軽に買えると言う事での盲点でもありあます。
外耳炎の薬であればなんでも大丈夫!という訳ではないんです。
そのために薬についての知識を得て外耳炎をしっかりと治療しましょう。

スポンサーリンク

外耳炎の薬について記事一覧

痛み止めの定番のお薬で「ロキソニン」と言うものがあります。ご存知の方も多いお薬であり、女性などはよく服用することがあるかもしれませんね?このお薬は、病院でも処方されるほか、ドラッグストアでも気軽に購入できることから、ごく一般的に普及しているお薬です。ではこのロキソニンというのは、「外耳炎に効果があるのでだろうか?」と言うことで説明をしていきたいと思います。外耳炎の症状で痛みがある場合には、医療機関...

外耳炎は、耳に傷がつくことで発生することが原因です。また、その部分が炎症を起こすことで、外耳炎に発展していくのですが、あまりに痛みがひどい時にはだれもが、医療機関を尋ねると思います。主な原因というのは、お風呂やプールなどの後の「耳かき」になります。耳かきはだれでも行うことなので、問題はないのですが、力を強くするなどで、傷を付けてしまうことが問題です!!話は戻りますが、今回は外耳炎の治療で使われるお...

耳鼻科に受診して外耳炎と診断されたときに”ゲンシタン軟膏”というお薬を処方されることがあります。外耳炎では”リンデロン軟膏”も処方されることが多いのですが、リンデロン軟膏にはステロイドが入っています。炎症が強い患部にはリンデロン軟膏が効果的と言われていますが、化膿がひどい患部にはゲンシタン軟膏が効果的です。化膿がひどい患部にステロイドの入っているリンデロン軟膏を塗ると悪化してしまいます。ゲンシタン...

外耳炎は、耳の痛みやかゆみを伴う病気となっています。一度経験したことがある人は、二度と痛い思いをしたくないと考えている人もいます。病院を受診して治療を行うという方法がありますが、病院に行く時間がないという人に関しては、症状が現れたときに、外耳炎の応急処置として薬局の薬を購入することができます。外耳炎の薬として薬局ではどのような種類が販売されているのか気になります。病院を受診して治療をするのが一番と...

外耳炎の症状によって様々な治療があるのですが、今回はお薬の話をしたいと思います。薬のお話では「リンデロン」と呼ばれるお薬があります。これは外耳炎の治療でもよく使用されるものですので、外耳炎の経験をされた事がある方には一般的な名称かもしれません。そのほかにも、お薬というのは存在しまして、それが「ゲンタシン」というお薬になります;。名前だけだと、人の名前のように聞こえますが、この薬はけっこうすごいんで...

外耳炎の治療では、症状よって様々な薬を用いて治療を行います。その薬の数は様々あります。そして、この外耳炎のお薬というのは薬局やドラッグストアなど市販薬としても販売されているため、非常に簡単に手に入るお薬でもあります。しかしながら、身近に購入出来るお薬ではあるのですが、一般の方ですと知識がないために、自分の症状に合わないと言うことがあります。そのため逆に症状が悪化してしまったり、症状が改善しないと言...

外耳炎というのは、軽度なものであれば、数日で完治するような病気です。しかし、放置、もしくはなかなか医療機関に行くことができないことで症状が悪化すると、慢性化してしまうんです。この状態になると治療期間は長く、また薬の効果も現れないものが出てきたりします。外耳炎には、その症状によってさまざまな薬を処方されます。今回はその薬のなかで「セフゾン」という薬について説明をしたいと思います。セフゾンまたの名前を...

耳くそとも耳垢とも呼ばれているのが、外耳道にたまることがあります。この耳垢は、空気中のほこりや皮膚の残骸が、人体から出される分泌物がミックスされたものです。日本人の大半が、遺伝子的に乾燥した耳垢を有し、いわゆる粉耳と呼ばれるタイプになります。耳垢は特に手入れをしなくても、自然と外へと出てくると言われていますが、内部が塞がる恐れがあるという説もあるのです。そして几帳面な日本人は、神経質なまでに耳垢の...

外耳炎になったということで外耳炎の痒み止まらないという方が多くいらっしゃるかもしれません。そしてこの際に使用されるお薬と言うのがステロイドになります。今回はこのステロイドについて触れていきたいと思います。ステロイドを使用したお薬と言うのは幾つかあります。「マイザー、リンデロン、フルコート、ゲンタシン」というもので前から順にステロイドの強いものとなっています。このステロイドというのは、非常に痒みに効...

外耳炎というのは、皮膚に感染、炎症を起こす病気で特に夏場に多く症状が出ることが多いです。これは、原因が耳かきが原因のことが多いということです。夏場はプールや、海水浴に行かれる方がおおいと思います。この際に、耳かきをしたことで、傷が出来、そこから細菌が入り込むということが原因になります。また、耳かきを頻繁に行ったり、つめで耳をいじった際に内部に傷をつけるというのも原因になります。これにあわせて夏場と...

外耳炎というのは、外耳道が炎症を起こす病気なのですが、基本的には細菌が原因で或ことがほとんどで、カビが原因で或ことが稀ですがあります。この外耳炎ですが、自然治癒することもありますが、放置することで膿みが貯まるということで慢性化することもあります。この外耳炎の消毒に関して、市販薬ではどのような物があるのか説明をしていきたいと思います。基本的には、耳に使用する治療薬に関しては、軟膏の物がほとんどです。...

外耳炎というのは、非常に皆さんの生活で身近なものです。お風呂やプール、海水浴など、水に関わる所では特にこの外耳炎のリスクが出てきます。もちろん、これ意外にも、耳かきが原因として大きく関わってきます。ではこの外耳炎ですが、鎮痛剤としてロキソニンの効果について別記事にて書いていますが、今回はこのロキソニンが効果を表さないという場合について説明をしたいと思います。外耳炎になって、耳が痛くなって夜も眠れな...

外耳炎とは耳に起きる疾患の一種で、耳の外耳道と呼ばれる部分に起きる炎症の事を言います。ではこの外耳炎になる過程について簡単に説明をしていきたいと思います。外耳道とは耳の穴の入り口から鼓膜の前までの部分の事で、鼓膜から奥が内耳と呼ばれる部分になります。 外耳道に炎症が起きる一番の原因は細菌やカビが感染して、増殖していくというものです。外耳道は私達が日頃から耳かきで掃除をする部分なので、表面に細かな傷...

突然ですが、皆さん小さいときに転んで、足をすりむいたり、手をすりむいた経験が大多数の方でいらっしゃると思います。その際に、先生や、お父さん、お母さんに「マキロン」を付けてもらったことがあるかもしれません。今回は、外耳炎にマキロンの使用は大丈夫かどうかについて説明をしたいと思います。皆さんご存知の通り、マキロンというのは消毒薬です。アルコールが成分であり、傷口につけると消毒の効果があり患部が化膿する...

外耳炎の症状で辛いものの一つと言えば、そうです「痒み」ではないかと思います。これは、ある意味拷問のように辛いものです。夏場にだれもが経験したことがあるかと思う、虫刺されを想像するとわかりやすいかと思うのですが、虫刺れというのは非常に辛いです。特に、足の指先を刺された経験のあるかたはあの耐え難い痒み、掻いても、薬を使用してもなかなか症状が収まらない。痛みではないですが、非常に辛いものですよね。外耳炎...

人間だけでなく犬も外耳炎になることがあります!!驚かれた方もけっこういるのではないでしょうか??犬に関しては外耳に炎症がある状態を外耳炎と言い、黄色や褐色の耳垢がたまります。綿棒やテイッシュなどで掃除しても、数日すればまた耳垢がたまってしまいます。耳の中が赤く腫れたり、においもきつくなりがちです。黄色ブドウ球菌、マラセチアという細菌や真菌による感染が多く、ひどい場合には緑膿菌(りょくのうきん)に感...

耳に関する病気がいくつかあります。その中で外耳炎と呼ばれる病気があります。これはどのような特徴があるのかというと、外耳炎とは皮膚に感染や炎症を引き起こす病気となっており、とくに夏の熱い時期に発症が多い傾向があります。したがって外耳炎と診断されたときには、しっかりと薬を服用する必要があります。夏はプールや海水浴に行くという人が多くなっていますが、このときに耳かきをして傷が発生し、そこから細菌が侵入す...

耳の病気というのは、様々ありますが、その代表的な病気の外耳炎と言うものがあります。これは、外耳道に炎症が出来る病気であり、慢性化すると、症状が治まるまで、数年と長い期間が掛かる病気でもあります。この外耳炎ですが、初期の段階で、医療機関で治療を行えば、さほど長期化することもなく、1週間から2週間ほどで症状が治まるものです。また人によっては放置してすぐに治ったということもあります。かといっても、放置す...

外耳炎を発症したときには、薬を使って治療を行うようになります。このときにはいくつかの薬が処方されるようになっていますが、外耳炎の治療の際にリンデロンが処方されることがあります。これは外耳炎の治療によく使われているものとなりますが、中にどのような成分が含まれているのかが気になります。リンデロンは合成副腎皮質ホルモン剤のステロイドという成分が含まれています。このほかにステロイドという成分が含まれていま...

外耳炎という病気があります。外耳炎の原因となっているのは、耳の入り口の部分に炎症が発生すると言うようになっています。したがってこれによって耳がかゆいと言うことや腫れ、痛みや膿がたまると言うことや難聴などの症状が現れるようになっています。なぜこのような症状が現れるようになっているのかというと、耳の中にできた傷に細菌が侵入することになります。この傷が発生する原因が耳かきになります。頻繁に耳かきをすると...

耳が痛いという症状がいつまでも続くことがあります。このようなときには耳の中で何らかの異常が発生していると考えることができます。耳の病気はいくつか考えられていますが、外耳炎では耳の痛みやかゆみを感じるようになっています。したがって症状を改善させるために痛み止めなどを服用する必要があります。これで大きな効果や作用を実感することができます。外耳炎と診断されたときに、病院では痛み止めが処方されるようになっ...

ベトネベートN軟膏ASは湿疹やかぶれ、皮膚炎などの症状を改善する効果がある市販薬で、外耳炎の治療薬として使われることもあります。ベトネベートN軟膏ASの有効成分はベタメタゾン吉草酸エステルとフラジオマイシン硫酸塩の2つです。ベタメタゾン吉草酸エステルは湿疹やかぶれなどの皮膚の炎症を改善する効果がある成分で、フラジオマイシン硫酸塩は抗菌作用がある抗生物質です。外耳炎というのは外耳道にできた傷に細菌や...

外耳炎では体にさまざまな症状が現れるようになっています。耳の中に傷ができて、そこから細菌が侵入して炎症を引き起こすと言うようになっていますが、それによって痛みやかゆみなどの症状が現れるようになっています。症状が重くなると膿がたまってしまうこともあるので注意が必要になります。またかゆみや痛みのほかに頭痛が発生することもあります。外耳炎とは、耳の中が炎症をしたり化膿をしてしまう状態となります。頭痛を感...

この国では高度な薬が開発されているので安心できます。その薬を使えば耳の病気にも安全に対処が可能です。特に外耳炎になった時には安静にすることが大事ですが、薬を使うという治療法も存在します。実際にオロナインを使えばかゆい部分を抑える効果が得られます。オロナインは肌の炎症を抑えるので自由に使うことができます。耳の病気は細菌が原因となって発生することが多いです。外耳炎になる時は皮膚が傷付いている可能性があ...

外耳炎とは耳たぶや耳の穴に炎症が起きる病気です。専門用語でいうと、「外耳道」という場所になります。これは、冒頭にあるように、耳の入口周辺の事をさすものでもあります。症状は耳がかゆい、腫れる、カサブタやジュクジュクしたものができる、微熱、痛い等があげられます。酷くなると高熱が出たり、耳鳴りで耳が聞こえにくくなることもありますが、そこまで酷くなるのはまれです。原因の多くは耳の触りすぎ、特に耳掃除のしす...

耳の病気を悪化させないためには薬が重要になります。薬には様々な種類があるので使い分けることが肝心です。一般的に外耳炎になった時には市販のかゆみ止めを使用します。市販のかゆみ止めには強力なものが多く、そのために普段の炎症を抑えることができます。結果的に炎症が治まれば耳の病気も改善に向かいます。個人的に耳の中を傷付けた場合は治療をすることになります。耳の中に傷ができるとそこに細菌が付着します。そういっ...

外耳炎の症状になった方で多いのが、自分で治療をしてしまおう!と考えておられる方ですね。この考えの方というのは以外に多くいらっしゃいます。これは自然な考えではないかと思います。それは病院に行くというのがめんどくさいと言う事が背景にあるのではないでしょうか?誰もが好き好んで病院に行きたい!とおっしゃる事はないかと思います。皆さん、家庭や、仕事と自分の生活で忙しいと言うことで時間を割いて病院に行くという...

外耳炎とは耳の穴の皮膚の病気のことで、主な症状として耳の穴から鼓膜までの痛みやかゆみなどが挙げられます。外耳炎は患部に触れることができるため、一度発症してしまうと何回も同じ病気にかかることがあります。外耳炎の治し方としては、痛みやかゆみなどの炎症が出てしまった部分に点耳薬をしたり塗り薬を塗ったりすることが挙げられます。耳の穴付近に軟膏を塗ったり消毒をしたりすることでも症状を改善することができます。...

外耳炎になった際、病院にいくのが一番と分かっていても症状が軽かったり、時間がなかったりすると市販薬でなんとかしたいと考えることもあります。実際にドラックストア等で手軽に購入することができる市販薬があり、その一つにフルコートFといった薬があります。フルコートFは、外耳炎によるかゆみや炎症をやわらげてくれる薬で、化膿にも効果があると言われています。かきこわしてしまい膿になってしまった場合や悪化しジュク...