MENU

「悪性外耳道炎」という病気について

スポンサーリンク

外耳炎と言えば、様々な種類があるのですが、その中で特に注意が必要な外耳炎と言うものがあります。
その名称を「悪性外耳道炎」というふうに言います。
ではこの覚醒外耳炎道とはどのような病気なのでしょうか?
また外耳炎とはどのような違いがあるのかについて説明をしたいと思います。
この外耳炎というのは、ある一定の方に多く症状が見られます。
それが、「糖尿病の患者さん」「抵抗力が低下した高齢者」に多く見られる症状です。
普通の外耳炎と外耳炎道の傷口に細菌が入り込むことが原因なのですが、この場合には、ちょっと原因が異なります。
この悪性外耳炎道の場合というのは、「緑膿菌」という菌が原因になっています。
この悪性外耳炎道というのは、もともとはただの外耳炎なのですが、症状が進行すると、中耳、内耳に症状が進行して強い炎症を発症します。
また、その後に脳神経にまで達することになります。
脳神経まで進行した場合には治療は非常に困難な状態になり、予後は不良になります。
また、脳神経まで症状が進行する場合には、炎症のみならず、壊死が起こります。
原因としては、通常であれば、外耳道で治まる症状が、糖尿病が原因により、感染拡大を起こしやすい状態になっていることが挙げられます。

スポンサーリンク

また糖尿病の方におおい「動脈硬化性血管症」によって虚血性の変化が考えられています。
この虚血性というのは、緑膿菌により菌体外毒素を生成して体の組織や感染防御機構を壊してしまうことです。
部分的に血管炎を引き起こすという性質をもっています。
症状としては、耳の痛みです。
また黄緑色の耳漏や膿が出ます。また外耳炎同様に耳の内部に腫れが起こります。
またこの痛みというの非常に強いもので顔をしかめてしまうこともあります。
また、中耳に炎症が拡大すると難聴がはげしくなります。
そして、側頭骨に症状が進行すれば、乾麺神経痛の症状が表れます。
また、更に進行が進むと脳神経の麻痺がおこります。
患者の方が高齢の事が非常に多いので、高齢者で、通常の外耳道炎の治療ではまったく改善しないような、耳の痛みがある方や、膿性耳漏や肉芽が再発する場合には悪性外耳炎と考えることが多いです。
耳漏を細菌学的検査を行うことで緑膿菌を確認し、糖尿病を確認することが診断の決め手になることが多いです。
この外耳炎の場合には、自宅治療という選択肢を選ぶことはほぼありません。
入院により、血糖値のコントロールや、緑膿菌の殲滅に力をいれた治療を行います。

スポンサーリンク

「悪性外耳道炎」という病気について記事一覧

外耳炎もしくは、外耳道炎というのは、皆さんは聞いたことがある病気だと思います。実際に経験されたことがあるかと多いと思います。また、無意識に知らぬ前に感染して、治っていたという方も中にはいるかもしれません。今回は、ちょっと馴染みのない名前だと思うのですが、「悪性外耳道炎」について説明をしたいと思います。これは普通の外耳炎と何が異なるのでしょうか?この悪性外耳道炎というのは、糖尿病の患者さん、もしくは...

外耳炎は外耳が細菌に感染することで起こる感染症ですが、感染が外耳だけでなく中耳や内耳、頭蓋骨にまで広がると悪性外耳道炎となります。外耳炎の場合ですと、軽い症状の場合ですと、3日ほどで自然放置でも症状が完治することがありますが、この悪性外耳道炎はことなります。それは悪性外耳道炎は主に緑膿菌という細菌に感染することで起こります。糖尿病や白血病、HIV感染症などを発症していて免疫力が低下している人に発症...

外耳炎というのは、海水浴やプール、お風呂といった比較的に短な場所で感染をする病気です。特にお風呂ですと、毎日のように入ると言うこともあり、またお風呂が好きな人ですと、大浴場のあるお風呂施設や、温泉といった場所に行かれるかたおも多いかもしれませんが、この際に、耳掃除をすると思います。これは水が耳の内部に入ってしまうと言うことがあるので当然の事でもあるのですが、この際に、耳に傷が出来ることで外耳炎の原...

外耳炎と言っても様々な症状が或ことはみなさんもご存知ではあると思うのですが、その中でも、感染すると一番厄介な外耳炎と言うものがあります。これは命に関わることもあり、また、仮に症状が完治したとしても体や顔に障害が残るといった事があります。この外耳炎のことを、「悪性外耳道炎(あくせいがいじどうえん)」と言います。このサイトでもいくつか記事として取り扱っているのですが、今回はこの悪性外耳道炎の薬の治療と...