MENU

悪性外耳道炎とはどんな病気なの?

スポンサーリンク

外耳炎もしくは、外耳道炎というのは、皆さんは聞いたことがある病気だと思います。
実際に経験されたことがあるかと多いと思います。
また、無意識に知らぬ前に感染して、治っていたという方も中にはいるかもしれません。
今回は、ちょっと馴染みのない名前だと思うのですが、「悪性外耳道炎」について説明をしたいと思います。
これは普通の外耳炎と何が異なるのでしょうか?
この悪性外耳道炎というのは、糖尿病の患者さん、もしくは細菌感染にたいしての抵抗力が低下している、高齢の方に起こりやすい病気になります。
「緑膿菌・りょくのうきん」という菌が原因となっている、外耳炎の感染症の一種になります。
これが普通の外耳炎と異なるのは、外耳から周囲の組織に症状が広がります。
またこれだけではなく、恐ろしいのは、側頭骨や頭蓋底部まで炎症が広がるというものです。

スポンサーリンク

さらに炎症だけではなく、「壊死」を招くことがあるという病気でもあります。
そのため、脳神経に様々な症状が起こり、なおかつ治療することが困難な病気なのです。
原因としては、通常の外耳炎がひどくなるというのが、答えになります。
詳しく説明を行うと、外耳炎というのは、普通であれば、ある程度の症状で収まるのですが、
糖尿や免疫の低下により、周囲の組織に壊死の変化をもたらします。
また糖尿病の方と言うのは、「動脈硬化」よる「虚血性(貧血にあたります。)」によって変化が起こると考えられています。
とくに原因として多い、「緑膿菌」は菌体外毒素を生成します。
患者の組織、感染防御を行う機関を破壊して局所的に血管炎を引き起こします。
特徴としては、耳の痛みはもちろんの事、黄緑色をした「膿性耳漏(耳だれ)」と外耳道による腫れです。
この症状が、中耳に及んだ場合には、難聴の症状が起こります。
また側頭骨の顔面神経管に及んだ場合には、顔面神経麻痺が現れ、頭蓋底部に及べばさまざまな脳神経症状が加わります。
このように、もともとは普通の外耳炎が引き金となっているのですが、上記のように、多くの症状を引き起こす原因ともなりますので、大変注意を払うようにしてください。

スポンサーリンク