MENU

悪性外耳道炎の治療方法は従来の外耳炎とどう違うの?

スポンサーリンク

外耳炎というのは、海水浴やプール、お風呂といった比較的に短な場所で感染をする病気です。
特にお風呂ですと、毎日のように入ると言うこともあり、またお風呂が好きな人ですと、大浴場のあるお風呂施設や、温泉といった場所に行かれるかたおも多いかもしれませんが、この際に、耳掃除をすると思います。
これは水が耳の内部に入ってしまうと言うことがあるので当然の事でもあるのですが、この際に、耳に傷が出来ることで外耳炎の原因になります。
この外耳炎には、急性のものと慢性の物があります。
初期は急性外耳炎殻始まり、慢性外耳炎へと変化をします。
しかしながら、これ以外にも外耳炎と言うのものがあります。
これは外耳炎の中でも非常に恐ろしいもので治療が困難という病気でもあるものです。
それが、「悪性外耳炎」というものです。
これは、事の発端というのは、外耳炎から始まるのですが、症状が徐々に中耳や内耳に広がり更に進行をすると脳にまで症状が広がるという病気で、命に関わることもあります。

スポンサーリンク

この原因というのは、「緑膿菌」というものです。
の緑膿菌というのは自然界にありふれた存在で人間の腸内にも存在するていど短なものなのです。
特にこの悪性外耳炎に感染しやすいのは、糖尿病患者の方と、高齢の方です。
このどちらの共通点と言うのは、免疫力の低下というのがあります。
ではこの悪性外耳炎の治療方法とはどうのようなものになるのでしょうか?
通常の外耳炎ですと、耳に軟膏を塗るという方法の他にも、口内摂取の薬を使用することで治療を行います。
この通常の外耳炎ですと症状によって治療薬を変えたり、組み合わせの変更を行うことで、症状の経過を見るのですが、この悪性外耳炎になるとその方法も異なります。
この際には、症状が耳から奥から脳に達すると言うことで、耳からの直接、軟膏を塗るという事が出来ません。
そのため、この際には、点滴により抗生剤の投与を行うことが基本になります。
また、症状の進行自体によっては、壊疽組織の除去の除去が主な治療になります。
広範囲の場合ですと手術によって徹底的に、壊疽組織を掃除し取り除くと言うことを行います。
現在の治療法としてこのようなものになります。

スポンサーリンク