MENU

悪性外耳道炎の症状に効果のある治療薬とは?

スポンサーリンク

外耳炎と言っても様々な症状が或ことはみなさんもご存知ではあると思うのですが、その中でも、感染すると一番厄介な外耳炎と言うものがあります。
これは命に関わることもあり、また、仮に症状が完治したとしても体や顔に障害が残るといった事があります。
この外耳炎のことを、「悪性外耳道炎(あくせいがいじどうえん)」と言います。
このサイトでもいくつか記事として取り扱っているのですが、今回はこの悪性外耳道炎の薬の治療と改めて症状について説明をして行きたいと思います。
まずはこの悪性外耳道炎と言うのがどういう経緯で感染するのかについて説明をしましょう。
この病気に掛かりやすい方というのはある程度、決まっているという事があります。
それは「糖尿病の患者さん」や、細菌感染に対する抵抗力が低下した「高齢者」に多く起こるものです。
「緑膿菌(りょくのうきん)」という割と自然界では多くいる細菌によっておこされる外耳道感染症のひとつに数えられています。
外耳道から発症してから周囲の軟部組織に広がりを見せるのですが、その広がりと言うのが、通常の外耳炎とは全く異なります。
それは側頭骨や頭蓋底部まで進行するという事です!!

スポンサーリンク

そして進行が進むことで壊死性の変化の強い炎症が起こると言うものです。
それによってさまざまな脳神経症状を起こし、難治療に当たるものでもあります。
また脳神経に異常をきたすと言うこともあるので、仮に完治しても後遺障害が残ってしまうというおそろしいものなのです。
検査に関しては、高齢の方で通常の外耳炎の治療では改善しない激しい耳痛、膿性耳漏(耳だれ)他にも、外耳道の再発や「肉芽(にくげ)」の症状が見られた場合には、この悪性外耳道炎を疑うことになります。
耳漏れの細菌検査で緑膿菌見つけて、なおかつ全身検査で糖尿病を確認出来た場合には診断の決め手になると言うことが多いです。
治療には、関しては、基本的に、入院治療になります。
これは外耳炎の症状の進行の他にも、糖尿病による体の状態を把握するという狙いがあるということがあるためです。
そのため、入院では、血糖値のコントロールに務めると言うことを行います。
またこの悪性外耳道炎に関しての治療に関しては、点滴を使用するのですが、「緑膿菌」に効果があるのが「ペニシリン」「セフェム系抗生剤」になります。
外耳炎によって壊死した部分というのは、再生ができないと言うこともありますし、また症状が悪化させる要因になるので、除去することになります。

スポンサーリンク