MENU

ストレスで外耳炎?それとも違う病気?

スポンサーリンク

耳の病気でも一番おおいものと言えば、外耳炎ではないかと思います。
この外耳炎というのは外耳道が炎症を起こすことでなります。まさしくその字の通りの病気です。
主な原因といえば、耳に水やお湯(お風呂)が入り込むことで症状が起こります。
これはあくまで原因と言うより要因なのですが、ここからがおもな進展する動作になります。
例えばですが、プールやお風呂、もしくは温泉や、海水浴に行ったあとというのは耳掃除をするのではないかと思います。
海水浴ですと特に耳に水だけでなく、砂等が入る込むのでほとんどの方が耳掃除を行うことになると思います。
この際に、耳に傷を付けてしまう。もしくは傷があると言うのが外耳炎の始まりになります。
傷口に細菌が入り込むことで炎症を促進させ化膿することもあります。
また強い痒みを引き起こすということもあります。
そして、それ以外にも炎症によって難聴や声が聞き取りづいらいという症状もおこることがあります。
これが、ほとんどの外耳炎を引き起こすメカニズムになります。

スポンサーリンク

簡単に言うと、傷口に細菌が入って化膿してしまうという病気になりますが、ストレスによって外耳炎になるという記事は他にも書いてはいますが、今回はストレスによって引き起こされる耳の病気について説明をしていきたいと思います。
この病気というのは「メニエール症候群」と言うものです。
最近ではあんがい知っている人も増えている病気ですが、はっきりとした原因というのは解明されては居ないのですが、精神的なストレスにより症状がおこることが非常に多いようです。
症状としてまず、外耳炎とかぶる部分と言えば、難聴や声や音が聞き取りづらいと言うものではないかと思います。
外耳炎と同じような症状としては他にもめまいが可能性としてあります。
また外耳炎の代表的な症状であるかゆみは、傷口があるというわけではないので痒みと言うものはありません。
耳の病気と言えば外耳炎が有名なところですので、この病気を見落とすと言うことがあります。
とはいっても病院で検査を行うことで簡単に違いはわかるのですが、素人的判断ですと、重度の外耳炎?という判断をされる方がいます。
このメニエールの大きな特徴は「難聴と、激しいめまい」になります。時には立っていることもできないようなめまいが襲うことがあります。
メニエールというのは、放置して症状が悪化すると言うことがあっても、良くなるということはまずありませんので、難聴と激しいめまいが起こり始めたら、早期に治療を始めるようにしましょう!!

スポンサーリンク