MENU

耳介の腫れや痛みの症状

スポンサーリンク

耳が腫れていると言うことがあります。
また腫れだけではなく痛みが発生しているときには、何か病気が関係しているのではないかと心配になります。
耳介が腫れると言うことがありますが、症状や原因はさまざまとなっています。
その中で耳介が腫れたときには腫れや痛みが発生することが多くなっています。
症状がひどい場合には入院をして手術を行わなければいけないことがあります。
したがってしっかりと治療をすることが必要になります。
耳介に腫れや痛みの症状があるときに考えられる病気は外耳炎があります。
外耳道に炎症が発生している状態となりますが、炎症や腫れや痛みの症状が発生すると、浸出液が出てくるようになります。
これがかゆみを増やす原因となります。
耳の後ろに痛みを感じたり、耳だれが発生しているというような場合には、危険な状態と判断することができます。
したがってできるだけ早く病院を受診するようにします。
アレルギーの人は耳介に熱を持って痛みが発生しているという症状があります。

スポンサーリンク

このほかにウイルス感染が耳介の痛みなどの原因となっていることがあります。
耳介に痛みを感じるときには、外耳道の皮膚が炎症を引き起こしている可能性があります。
炎症が強くなると、水疱や膿がたまるというような症状が現れます。
そしてただれの症状となり、乾燥するとかさぶたになって皮膚に張り付いた状態となります。
耳介軟骨膜炎という病気がありますが、耳介が細菌の感染や機械的な刺激によって炎症を発生し、この炎症が軟骨膜に簡単に及んでしまう病気です。
これが耳介全体に広がり、腫れて血腫や変形をしてしまうという状態となります。
これは打撲や虫刺されなどの外傷によって発症することが多くなっています。
ヘルメットをかぶったときに圧迫されたり、ピアスなどの機械的刺激に感染が加わって、軟骨膜が炎症すると言うようになっています。
これが原因となって軟骨膜下の浸出液が発生し、出血を伴うこともあります。
耳に関する病気はいくつかあるので注意が必要となります。

スポンサーリンク