MENU

外耳炎でリンパを冷やす作用

スポンサーリンク

耳に関する病気はいくつかあります。
その中で外耳炎と呼ばれるものがあります。
外耳炎とはどのような特徴があるのかというと、耳の外側の外耳部分に発生する炎症のことになります。
なぜ外耳炎が発生してしまうのかというと、何度も耳かきをするという人や、プールや海水浴の後に耳掃除をしてしまうというのが原因として考えられています。
このときに細かい傷が外耳部分に発生してしまうことが関係しています。
しかし耳掃除が必ずしも悪いと言うことではありません。
耳に傷ができることが原因となっているのです。
したがってしっかりと治療を行う必要がありますが、あまりにも症状がひどい場合には耳鼻咽頭科を受診するようにします。
しかし中にはすぐに医療機関を受診することができない場合もあります。
この場合セルフケアを行うことができます。
それがリンパを冷やすと言うことになります。
リンパを冷やす作用によって症状を改善させることができます。
保冷剤で冷やす作用で痛みを軽減させることができます。

スポンサーリンク

外耳炎では炎症が発生していると言うことになりますが、炎症が発生している部分に関しては熱を持っています。
したがってその熱を冷やすことが有効となります。
血管の拡張を防ぐという作用があるので、その作用で効果的に痛みを軽減させることができます。
軽い痛みがある場合は、市販の鎮痛剤の作用でしっかりと対処をすることができます。
これで体への負担を少なくすることができます。
外耳炎の治療で大切なことは、安静にすると言うことです。
外耳炎の症状はリンパ腺が原因となっています。
炎症が悪化するとリンパ腺が腫れてきます。
外耳炎でこのような症状があるときには、食事をしただけでも痛みを感じます。
熱を持つこともあるのでしっかりと冷やすことが必要です。
しかしリンパの腫れに関しては重症化することは少ないです。
冷やすという作用でリンパ腺の腫れは1週間程度で治ります。
リンパの腫れが続くというときに、冷やすという作用でも効果が現れないときには重症化する可能性があるので、耳鼻咽頭科を受診するようにします。

スポンサーリンク