MENU

外耳道真菌症と市販薬

スポンサーリンク

夜に眠ることができないような痛みを感じることがあります。
また強いかゆみを感じることもあります。
このような場合は外耳道真菌症を発症している可能性があります。
耳がかゆいと感じたときには、たくさんの人が耳掃除をするようになっています。
しかしあまり頻繁に耳掃除をすると、耳に何らかのトラブルが発生しやすくなっています。
そのトラブルの中に外耳道真菌症があります。
かゆがあるからといってさらに書いてしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。
耳のかゆみに関してはいくつかの原因が考えられています。
その中でカビが原因となっていることもあります。
耳のかゆみに悩まされているという人は、耳の中にカビが発生していないかを調べることが必要です。
ここで耳の中にカビが発生しているとわかったときには、外耳道真菌症という病気となります。
外耳道にカビが発生する外耳道真菌症を引き起こす人は最近では多くなっています。
体の中にカビが生えることはありませんが、免疫のバランスが崩れることで発生することがあります。

スポンサーリンク

耳の聞こえが悪くなったり耳から汁が出たり、かゆみや痛みを感じるというのが外耳道真菌症の主な症状となります。
したがってしっかりと治療をする必要があります。
外耳道真菌症の治療には市販薬が使われることがあります。
病院では真菌を少しずつ取りのぞくという治療が行われています。
外耳炎から外耳炎真菌症を併発することもありますが、この場合には市販薬を使うこともできます。
この中で鎮痛作用や殺菌作用を持つ市販薬があります。
普通の消毒薬とは異なり、これは痛み止めの作用もあるので、外耳道真菌症を発症しているという人はこの市販薬を常に置いておくと安心です。
また市販薬の中には塗り薬もあります。
湿疹やかぶれなどの皮膚の炎症に大きな効果があると期待されています。
市販されているものの中では強い作用があるステロイド外用薬の一つとなっています。
耳鼻科で外耳炎の時に処方される薬の変わりとして使われることが多くなっています。
市販のものを使うときには、しっかりと相談をするようにします。

スポンサーリンク