MENU

外耳道真菌症は薬で治療する必要があります

スポンサーリンク

耳の穴から鼓膜までの2〜3cmほどを「外耳道」と呼びます。
耳の中は皮膚が弱くて薄くなっています。
刺激に対して非常にデリケートな部分と言えます。
「外耳道真菌症」とは、そんな外耳道に真菌というカビの一種が感染した状態です。
耳の中は湿度が非常に高いため、カビが繁殖しやすい環境と言えます。
外耳道真菌症が起きる原因としては色々なものが挙げられます。
まずは耳掃除です。
耳の中を清潔に保とうとして頻繁に耳掃除をする人は少なくありませんが、それが外耳道真菌症という耳の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。
耳掃除を乱暴に行ったり、汚れた耳かきを使ってしまえば、外耳道真菌症が起きる可能性は非常に高くなります。
いつも耳をいじる癖があったりすると、外耳道に小さな傷が出来て外耳道炎が起き、そこにカビが繁殖するという仕組みも成り立ちます。
また慢性的に刺激を受けることで外耳道の皮膚から分泌物が出たり、耳の手術をした後、あるいは慢性中耳炎と併発する形で外耳道真菌症が見られることは多々あります。

スポンサーリンク

さらに抗生物質やステロイド剤の長期投与も原因の1つです。
そんな外耳道真菌症ではどのような症状が見られるでしょうか。
まず挙げられるのは我慢出来ないほどの強い痒みです。
その他にも耳垂れ・耳の中がこもっているような感覚・耳の中の異物感・外耳道の腫れや出血もよく見られます。
さらに酷い場合には耳の中から黄色や黒、白の菌糸が含まれた耳垢や酒粕のようになった耳垢が出て来たりします。
このような症状を呈する外耳道真菌症の場合、自然治癒は期待出来ないため、耳鼻科できちんとした治療を受ける必要があります。
外耳道真菌症は再発を繰り返すことが多いものです。
治療は最低でも1ヶ月、長ければ数ヶ月に及びますが、症状が治まったからと言って治療を勝手に止めてしまうのは逆効果です。
ではどのような治療が行われるのかを見て行きましょう。
外耳道真菌症には「コレ」という特効薬がありません。
ですからあくまでも治療は対症療法ということになります。
まずは治療に用いる薬を選ぶために、カビの種類を特定する検査をします。
その後カビを取り除きます。
消毒して患部が清潔になったら抗真菌薬で治療します。
この時痒みが強ければ抗アレルギーの内服薬が、症状が重い場合には抗真菌作用のある内服薬が処方されます。
塗布あるいは点耳される薬の形態は液状・クリーム・軟膏と様々です。

これらの薬は投与のしやすさや浸透作用を考慮して処方されます。

スポンサーリンク