MENU

耳の真菌とオロナインの効果

スポンサーリンク

現在ではさまざまな軟膏が販売されています。
その中でオロナインというものがあります。
オロナインはさまざまな症状の緩和に効果があると考えられています。
外耳炎という病気がありますが、これは耳に発生する炎症の一つとなっています。
外耳道と呼ばれる部分に炎症が発生するようになっています。
外耳道になぜ炎症が発生するのかというと、それは細菌やカビが原因となっています。
カビの中でも真菌が影響をしていると考えられています。
真菌がこの部分で繁殖している状態となります。
耳かきなどで皮膚が傷つき、ここから真菌が侵入して増殖したというのが大きな原因です。
したがってこの真菌をしっかりと取りのぞく必要があります。
汚れた水の中に真菌が入っている場合でも、炎症を発生させる可能性があります。
さまざまな原因が絡み合うことで、外耳道に炎症が発生すると言うようになっています。
したがって夏場のプールや海水浴の際には十分な注意が必要となります。

スポンサーリンク

夏は湿度も高くなっているので、真菌が繁殖する好条件となります。
症状が悪化すると耳鳴りが発生したり、耳の下にあるリンパ腺が腫れることもあります。
したがって治療が必要になりますが、症状が軽いときにはオロナインの効果を期待することができます。
オロナインを患部に塗ることで、一定の効果が期待されています。
オロナインというのは外耳炎の治療薬ではありませんが、かゆみや不快な症状を緩める効果があります。
しかしオロナインは根本的な治療の効果はありません。
真菌を根本的に取りのぞいて完治させる効果を得るためには、オロナインではなく病院を受診するようにします。
たまった膿を取りのぞくことで、回復効果があります。
病院を受診して適切な治療を受けることで、数日で痛みが落ち着いて10日程度で完治すると考えられています。
患部を消毒し、安静を心がけることが大切です。
膿が出てこない状態が続いたときには、患部を切開して膿が排出されています。

スポンサーリンク