MENU

耳介血腫と手術の方法

スポンサーリンク

人間の耳の中には耳介と呼ばれる所があります。
耳介とはどのような特徴があるのかというと、耳たぶを含んだ頭蓋からはみ出している部分のことになります。
スポーツをしているという人がいますが、レスリングなどを行って繰り返し耳介に衝撃を受けた場合には、皮膚の下や軟骨と軟骨膜の間に出血が発生することがあります。
この出血の際の血液の塊が発生するというのが耳介血腫と呼ばれるものとなります。
耳介血腫とはどのような病気となっているのかというと、耳の皮膚の下に血液がたまっている状態となります。
耳たぶの下に血液がたまり、こぶのように盛り上がった状態です。
格闘技を行っている人に耳介血腫が多いと考えられています。
耳介血腫を発症したすぐの時には、耳介全面が軟らかい腫れとなっています。
しかし放っておくと血腫が少しずつ硬くなってしまいます。
そして耳介が大きくなってしまいます。
再発を繰り返すと、最終的にはこぶのように硬くなって耳介が変化をするというようになります。

スポンサーリンク

耳介血腫の診断方法としては、視診や触診となっています。
耳介血腫が発生しているときにはしっかりと治療をすることが必要になります。
気になる治療方法ですが、注射器で血液を抜き採ると言うことが行われています。
これで一度は回復すると考えられていますが、中に隙間が残っていると再発をしてしまいます。
したがって1週間程度皮膚の上から圧迫するという方法が行われています。
耳介血腫に関しては皮膚科を受診するようになっていますが、症状が重い場合には手術という治療方法が行われています。
皮膚を少し切開するという手術となりますが、血腫が広い範囲や再発を繰り返すという場合にも手術が行われています。
ここでしっかりと血液を抜き取るという方法が行われ、再発しないように耳介血腫開窓術という方法の手術が行われています。
しかしこの手術方法でも完治しない場合には、形成手術が行われています。
形成手術では、軟骨の一部を切除したり形を良くするために削ると言うことが行われています。

スポンサーリンク