MENU

耳介軟骨膜炎の原因とピアス

スポンサーリンク

耳に痛みを感じると言うことがあります。
日常生活の中でどこかにぶつけたり炎症が発生しているのではないかと考える人もいますが、耳の軟骨に痛みを感じる場合は、次のようなことが原因と考えられています。
耳たぶが赤く腫れて痛みや熱を持っているというような状態になることがあります。
耳の病気はいくつかありますが、その中で軟骨に炎症が発生するというような病気があります。
それが耳介軟骨膜炎と言う病気となります。
耳介軟骨膜炎は放っておくと耳の形が変形してしまう可能性があるので、早期に治療を受ける必要があります。
耳介軟骨膜炎を発症すると、耳たぶが赤くなったり腫れるというような症状が現れます。
治療が遅れたり再発を繰り返すと言うことになれば、軟骨が変形してしまいます。
したがって原因をしっかりと追求し、早期に治療をする必要があります。
耳介軟骨膜炎の原因として考えられているのは外傷です。
外傷で雑菌が侵入すると言うことが原因となります。

スポンサーリンク

おしゃれのためにピアスを開けるという人がいますが、このピアスが原因となることもあります。
ピアスを開けて耳たぶなどに傷がついてしまうと、そこから雑菌が侵入しやすくなってしまうのです。
ピアスを汚れた手で付け替えたりすることが原因で、雑菌が入りやすくなっているので注意が必要となります。
ピアス以外のことが原因となっていることもあります。
耳介軟骨膜炎では、ヘルメットを長時間かぶるというような圧迫によって発症することがあります。
耳が長時間圧迫されて血腫ができることもあります。
この血腫が引き金となって耳介軟骨膜炎が発生することもあります。
ピアスやヘルメットの長時間の着用というような日常生活のことが関係していることもありますが、病気が関係していることもあります。
それは自己免疫疾患です。
全身の軟骨が炎症を起こすという特徴があります。
耳介軟骨膜炎では、ピアスの穴を自分で開けたり、長時間ヘルメットをかぶった状態にしないというような心がけが必要となります。

スポンサーリンク