MENU

耳殻が痛い症状と原因

スポンサーリンク

耳の外側や耳殻が痛いというようなことがあります。
耳殻が痛いというようなときには、次のような病気の可能性があります。
耳殻が痛いというような症状が現れたときには、耳介軟骨膜炎の可能性があります。
耳介軟骨膜炎とはどのような病気となっているのかというと、耳殻の部分にいたいという症状が現れるようになっています。
軟骨の上に薄い皮下組織を置いて皮膚に覆われている部分が耳介となります。
感染や機械的な刺激が原因となって、この部分に炎症が発生するようになっています。
その結果血腫や変形が見られるようになっています。
耳殻が痛いという症状が現れる耳介軟骨膜炎という病気がありますが、この病気の原因は次のようになっています。
耳介や耳殻に外傷が発生したり、圧迫や感染によって症状が現れるようになっています。
ヘルメットを長時間かぶることによって耳介血腫が発生したり、ピアスなどの機械的な刺激が原因となって軟骨膜下が腫れたり浸出液が発生するようになっています。

スポンサーリンク

耳殻が痛いと言うことは、原因として細菌に感染していると言うことが原因となります。
ブドウ球菌やヘルペスが原因となっていることもあります。
それによって痛いという症状が現れるようになっているのです。
この病気の治療方法としては、病院を受診して化膿止めの薬をのむと言うことになります。
これによって痛いという症状を緩和させることができます。
しかし化膿止めだけでは症状を完全に治すことはできません。
そこで行われるのが湿疹や最近による皮膚の炎症を抑えるための軟膏を使うと言うことです。
これで症状を改善させることができます。
耳に異変を感じたときには、そのまま放置せずできるだけ早めに病院を受診することができます。
早期に原因を特定することができるので、適切な治療を行うことができます。
症状が悪化すると手術などを行わなければいけない可能性もあるので、自己判断をせず我慢をしないようにすることが大切です。
病院は耳鼻科を受診するようにします。

スポンサーリンク