MENU

外耳炎の腫れなどの症状と原因について

スポンサーリンク

 

外耳とは簡単に言えば耳の穴周辺の事を指し、外耳炎はこの外耳の部分が炎症して発症する病気です。
主な症状は痛みと痒みであり、それに伴って熱を持った感覚もあります。
痛みや痒みと熱が混ざりジンジンとした感覚があり、白や黄色の臭い膿のような物が出てくる場合もあります。
これは膿であったり分泌物であったりします。
耳を引っ張ったり押したりすると痛みを強く感じるのも特徴的な症状と言えます。
ご飯を食べたり何かを飲みこむ時に痛みが生じて食事が困難となる場合もあります。
また外耳が炎症を起こすと炎症部分は腫れてしまう事があります。
重度になると外耳道が腫れてしまい完全に塞がってしまう場合があり、膿や分泌物が乾いてカスのようになってしまった物が詰まったりしてしまうと聴力を阻害してしまう事もあります。

スポンサーリンク

外耳炎は外耳の部分が何らかの原因によって炎症を起こしてしまい発症します。
その原因というのが、耳掃除をした時に耳かきなどで傷を付けてしまったり、爪でいじってしまった時に傷を付けてしまう事なんです。
その傷にカビや細菌が感染して炎症を起こす事で発症します。
他に原因として耳に水が入る事が挙げられ、整髪剤が耳に入る事も原因の1つだと言われています。
ここで言う水とは多くの場合はプールやお風呂などカビや細菌も住んでいる水の事を言います。
汚い水が入ってしまう事によって感染のリスクが上がってしまいます。
小さな傷でもあればそこから感染してしまいます。
シャンプーの際にすすいだ水が入ってしまうのも原因となってしまうので注意が必要です。
また汚い手で耳を触る事もカビや細菌からの感染リスクを上げてしまうので、その点についても注意が必要です。
特に小さい子供ですと、手が汚い状態でも口に手を入れたりしてしまいがちですよね?
この要領で耳に手を入れることは、普通に考えられることです。
子供は特に、外耳炎に掛かりやすいということもあります。
力調整ができないことで、簡単に外耳に傷と作ってしまうこともありますで、手や、服が汚れれたら早いうちにしっかりと手洗いとうがいをお子なようにしてください。

スポンサーリンク