MENU

外耳炎?めまいで考えられる病気とは何があるの?

スポンサーリンク

外耳炎というのは、耳の外耳の部分が炎症を起こします。
またその症状というのもさまざまあります。
今回は外耳炎によって「めまい」が起こるのかどうかについて説明をしたいと思います。
耳の中には三半規管があり、その他にも体のバランスに関わっている部分と言うものが存在します。
そのため、めまいは確かに起こるのですが、その原因が「外耳炎」であるというのは、ほぼありえないと思います。
それは、外耳の位置が関係しています。
外耳というのは比較的に耳の外側にあるので、外耳炎の炎症によってめまいが起こるというのは、珍しい症例かもしれません。
そのため、「めまい」から考えられる病気で一番の可能性をもっているのは「中耳炎」もしくは「内耳炎」かもしれません。
この2つの耳の炎症の場合には、症状としてめまいがおこります。
中耳炎と内耳炎は三半規管に近いということもあり、影響を起こすことがしばしばあります。
その中でも、中耳炎の場合には、場所も外耳に近いためにもしかしたら外耳と中耳での炎症が起こっていると考えられるかもしれません。

スポンサーリンク

また中耳炎の場合には、鼓膜に穴が空いたり、骨が溶ける真珠腫という病気もあります。
外耳と同じように、難聴、耳垂れの症状が起こる他に、顔面麻痺や髄膜炎という病気を起こすことがあり、放置すると命に関わることもあるのが中耳炎です。
続いてがメニエール病というものがあります。
これはめまいが特徴の病気であるのですが、そのほかの症状として難聴、耳が聞こえづらいという症状があります。
メニエールはストレスが原因と言われており、はっきりとした原因は分かっていません。
こちらの症状を持っている、発症してなおかつ外耳炎にかかるという場合には、外耳炎と並行してメニエール病が原因と考える事が出来ます。
いずれにしても、難聴でめまいの場合には外耳炎だけではなく、メニエール病や内耳炎、中耳炎というような症状を疑ってみてください。

スポンサーリンク