MENU

外耳炎の治療でマキロンは使える?使えない?

スポンサーリンク

突然ですが、皆さん小さいときに転んで、足をすりむいたり、手をすりむいた経験が大多数の方でいらっしゃると思います。
その際に、先生や、お父さん、お母さんに「マキロン」を付けてもらったことがあるかもしれません。
今回は、外耳炎にマキロンの使用は大丈夫かどうかについて説明をしたいと思います。
皆さんご存知の通り、マキロンというのは消毒薬です。
アルコールが成分であり、傷口につけると消毒の効果があり患部が化膿するのを防ぎます。
外耳炎というのは、耳の傷によって炎症を起こす病気であり、もしかしたらマキロンやアルコールと使用しても大丈夫なのかな?って思うかもしれませんが、これは絶対にやめてください!!
マキロンはアルコールであるとともに、液体です。

スポンサーリンク

そのため成分であるアルコールが耳の奥に入り込むことで他の症状を起こす原因になりかねません。
また、人によっては、綿棒に少量をつけるからそんなことはないだろう!と考えるかもしれませんが、これもダメです!
アルコールは刺激を与える成分なので、傷口の炎症を悪化させる可能性があります。
消毒に対しては効果はあるかもしれませんが、炎症についてはまったく効果が見込めないと言うことがあります。
刺激によって耳の外耳が腫れるおそれもあります。
また、マキロンで治療を行い、化膿したということもありますので、やはり外耳炎には外耳の薬を使用してください。
その際には、リンデロンゲンタシンという軟膏状の薬を使用することがオススメです。
抗生物質が入っているために、細菌や化膿に関しての効果が比較的に高いです。
また軟膏なので耳の奥に流れ込むということもないので安心して利用することが出来ます。
マキロンは、身近に購入できるほか、一般化家庭でも、普段から置いている家庭がけっこう多い薬です。
それは、マキロン自体が消毒もでき、幅広く利用できると言うこともあるのですが、外耳炎の場合には、治療方法が患者さんごとに異なることが多いので、できる限り、医療機関で、外耳炎の現状の確認と、適切な治療をうけるようにしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

外耳炎の痛みにはロキソニン?
外耳炎の薬「リンデロン」について
外耳炎のお薬ゲンタシンとは
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と薬局の種類
外耳炎の軟膏「ゲンタシン」ってどういう薬?
外耳炎のお薬「フルコート」はどんな薬?
外耳炎のお薬「セフゾン」とは?
耳垢の掃除で傷ついた時にオロナイン軟膏での対処方法について
外耳炎の薬ステロイドの副作用とは?
外耳炎の抗生剤治療とはどんなもの?
外耳炎の市販薬ってどういうものがあるの?
ロキソニンで外耳炎の痛みが取れないのはなぜ?
軟膏のオロナインを塗る等の外耳炎の対処について
外耳炎のかゆみ止めはどのような物があるの?
犬用の外耳炎の薬もあるんです!!
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と抗生物質の効果や作用
外耳炎に効果のある漢方はどのような物があるの?
外耳炎のリンデロンという薬の成分
外耳炎のリンデロンという薬と副作用
外耳炎の痛み止めの効果や作用
外耳炎の治療薬であるベトネベートN軟膏ASに含まれる成分
外耳炎の頭痛の薬の作用や効果
耳がかゆい時の治療とオロナインの効果
外耳炎の注意点と薬について
外耳炎の治療と市販のかゆみ止めの効果
外耳炎はオロナインで治るのでしょうか?
外耳炎に効く薬と市販の飲み薬について
外耳炎に効く市販薬のフルコートの効果と副作用