MENU

ロキソニンで外耳炎の痛みが取れないのはなぜ?

スポンサーリンク

外耳炎というのは、非常に皆さんの生活で身近なものです。
お風呂やプール、海水浴など、水に関わる所では特にこの外耳炎のリスクが出てきます。
もちろん、これ意外にも、耳かきが原因として大きく関わってきます。
ではこの外耳炎ですが、鎮痛剤としてロキソニンの効果について別記事にて書いていますが、今回はこのロキソニンが効果を表さないという場合について説明をしたいと思います。
外耳炎になって、耳が痛くなって夜も眠れないということでロキソニンを飲んでも全く効果がないと言うことがあります。
では外耳炎によって、なぜ鎮痛剤としての効果があるものと、ないもので分かれるのでしょうか?
それは、外耳炎の進行に関わっています。
まず、外耳炎の症状が比較的かるく、炎症が起こっているだけの場合には、非常にこのロキソニンと言うのは効果があります。
しかし、外耳炎が進行してくると、その効果というのが次第に落ちていきます。

スポンサーリンク

特に、細菌が増殖している場合にはその効果はあまり見込めないというかたが大多数いらっしゃると思います。
また、外耳炎が進行して、細菌がリンパ腺にまで達した場合には、ロキソニンでの鎮痛効果では対処できない状態になります。
他にも、化膿が進み、最近の増殖で、真菌により耳の内部にカビが発生している場合なども同じくロキソニンの鎮痛効果では対処ができないと言うことがいえます。
医療機関では、ロキソニンのほかに、抗生物質である、セフゾンという薬を一緒に処方してくれると思います。
こちらで治療を行い、完治すればいいのですが、症状がリンパに拡張した場合にはこれらの薬だけでは対処ができなくなります。
薬はどれも同じなのですが、万病に効果をもたらす物はありません。
そのため、真菌には真菌に対しての薬、リンパにはリンパに対しての薬と治療方法を変えていく必要があります。
ですので、ロキソニンにより痛みが改善しない場合には、症状が進行していると考え、医療機関でお医者さんと相談をしてみるといいかもしれません。
また外耳炎というのは、症状に個人差が非常に多くでるため、個人ごとに治療方法が異なりますで、医療機関の利用を忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

 

関連ページ

外耳炎の痛みにはロキソニン?
外耳炎の薬「リンデロン」について
外耳炎のお薬ゲンタシンとは
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と薬局の種類
外耳炎の軟膏「ゲンタシン」ってどういう薬?
外耳炎のお薬「フルコート」はどんな薬?
外耳炎のお薬「セフゾン」とは?
耳垢の掃除で傷ついた時にオロナイン軟膏での対処方法について
外耳炎の薬ステロイドの副作用とは?
外耳炎の抗生剤治療とはどんなもの?
外耳炎の市販薬ってどういうものがあるの?
軟膏のオロナインを塗る等の外耳炎の対処について
外耳炎の治療でマキロンは使える?使えない?
外耳炎のかゆみ止めはどのような物があるの?
犬用の外耳炎の薬もあるんです!!
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と抗生物質の効果や作用
外耳炎に効果のある漢方はどのような物があるの?
外耳炎のリンデロンという薬の成分
外耳炎のリンデロンという薬と副作用
外耳炎の痛み止めの効果や作用
外耳炎の治療薬であるベトネベートN軟膏ASに含まれる成分
外耳炎の頭痛の薬の作用や効果
耳がかゆい時の治療とオロナインの効果
外耳炎の注意点と薬について
外耳炎の治療と市販のかゆみ止めの効果
外耳炎はオロナインで治るのでしょうか?
外耳炎に効く薬と市販の飲み薬について
外耳炎に効く市販薬のフルコートの効果と副作用