MENU

外耳炎のお薬「セフゾン」とは?

スポンサーリンク

外耳炎というのは、軽度なものであれば、数日で完治するような病気です。
しかし、放置、もしくはなかなか医療機関に行くことができないことで症状が悪化すると、慢性化してしまうんです。
この状態になると治療期間は長く、また薬の効果も現れないものが出てきたりします。
外耳炎には、その症状によってさまざまな薬を処方されます。
今回はその薬のなかで「セフゾン」という薬について説明をしたいと思います。
セフゾンまたの名前をセフジニルとも呼ばれる薬です。
この薬は、細菌による感染症などで使用されることが多いお薬です。
また抗生物質であり、細菌を死滅させる効果が強く、なおかつ人体に対しての副作用がほとんどないということで非常に活用されています。
副作用として起こるのは大抵が、アレルギー症状(抗生物質に対して)を持っている方がほとんどだといえます。
念の為に副作用をあげるとして、下痢や発疹、発熱がある。下痢の症状として起こすのは抗菌力により、腸内細菌が乱れることでおこることが原因です。

スポンサーリンク

この下痢もよっぽどひどい症状でなければ心配はいりません。
また、ペニシリンほどではないのですが、発疹や発熱、蕁麻疹がおこると行ったことも考えられます。蕁麻疹などはアレルギー症状が原因でおこることがほとんどであり、症状によってはアナフィラキシー・ショックを引き起こすということもないとは言えませんので、蕁麻疹が起こった場合には、医師に早急に相談をして治療方針についてお話をしてみるといいかと思います。
また発熱にかんしても、高熱が起こる、または発熱が長時間続くと言う場合にはこちらもアレルギー症状の可能性も否定ができませんので医師との相談が必要になると思います。
外耳炎に関しては、このセフゾンは効果的ですが、真菌が原因の場合には、治療薬を変える必要がありますので、症状の改善が見られないときには、再度の診察をお願いしてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

関連ページ

外耳炎の痛みにはロキソニン?
外耳炎の薬「リンデロン」について
外耳炎のお薬ゲンタシンとは
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と薬局の種類
外耳炎の軟膏「ゲンタシン」ってどういう薬?
外耳炎のお薬「フルコート」はどんな薬?
耳垢の掃除で傷ついた時にオロナイン軟膏での対処方法について
外耳炎の薬ステロイドの副作用とは?
外耳炎の抗生剤治療とはどんなもの?
外耳炎の市販薬ってどういうものがあるの?
ロキソニンで外耳炎の痛みが取れないのはなぜ?
軟膏のオロナインを塗る等の外耳炎の対処について
外耳炎の治療でマキロンは使える?使えない?
外耳炎のかゆみ止めはどのような物があるの?
犬用の外耳炎の薬もあるんです!!
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と抗生物質の効果や作用
外耳炎に効果のある漢方はどのような物があるの?
外耳炎のリンデロンという薬の成分
外耳炎のリンデロンという薬と副作用
外耳炎の痛み止めの効果や作用
外耳炎の治療薬であるベトネベートN軟膏ASに含まれる成分
外耳炎の頭痛の薬の作用や効果
耳がかゆい時の治療とオロナインの効果
外耳炎の注意点と薬について
外耳炎の治療と市販のかゆみ止めの効果
外耳炎はオロナインで治るのでしょうか?
外耳炎に効く薬と市販の飲み薬について
外耳炎に効く市販薬のフルコートの効果と副作用