MENU

外耳炎の時に運動は大丈夫?

スポンサーリンク

外耳炎の時は、基本的には症状が悪化しないように安静にしているのが一番です。
しかし、お子様や、学生となると、部活や体育、遊び盛りと言うことで運動を行うことがあるかとおもいます。
今回は、「外耳炎の時に運動は大丈夫かどうか?」について説明をしたいと思います。
先に答えを言ってしまうと、あまり好ましくありません。という答えになります。
その理由としては、「衛生上」と言うのが大きく関わってくることになります。
運動をすると言うことはをかきます。
冬場だとあまり汗をかくこともない!と思うかもしれませんが、耳の中というのは違います!
耳というのは体の内部なので、特に汗や湿気の影響を受けやすいと言うことがあります。

スポンサーリンク

また外耳炎の周りに傷があった場合には、汗がしみたり、そこから炎症が悪化するということが考えられます。
また、汗と一緒に細菌が混ざるということも考えられます。
細菌が入った場合には、症状が悪化する事も懸念されますが、症状が長引き、場合によっては慢性の外耳炎になる可能性があります。
また膿んでしまったりということもあると場合に、治療期間というのは非常にながくなります。
運動をするということで、耳垢が出てくることもあり衛生上にあまりよろしくないということがあります。
特にアトピーや敏感肌の方ですと、運動による汗が細菌の増殖の温床になることがあります。
ウォーキングのような軽い運動であれば問題はあまりおこらないのですが、走り回ったり、ジャンプするというような行動は耳自体にも刺激があるため控えるようにしてください。
ですので外耳炎を早期に治療を行い治すのであれば、お子様ですと特に辛いということがあるかと思いますが、運動は控えるようにしてください。
ちょっとの我慢が、病気の治りを短期にするということを考えてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク