MENU

外耳炎の市販薬ってどういうものがあるの?

スポンサーリンク

外耳炎というのは、外耳道が炎症を起こす病気なのですが、基本的には細菌が原因で或ことがほとんどで、カビが原因で或ことが稀ですがあります。
この外耳炎ですが、自然治癒することもありますが、放置することで膿みが貯まるということで慢性化することもあります。
この外耳炎の消毒に関して、市販薬ではどのような物があるのか説明をしていきたいと思います。
基本的には、耳に使用する治療薬に関しては、軟膏の物がほとんどです。
これは液体であると、耳の奥に消毒液が行ってしまい、刺激を与えたり、細菌が耳の奥にいってしまい二次被害を起こすことが考えられるためです。
では市販薬の説明をおこなっていきたいと思います。
パピナリン

外耳炎の市販薬としては一番メジャーなものになるかと思います。スポイトで耳の内部に垂らすということで、皮膚の刺激が低いのが特徴です。
また、消毒のほか、痛み止めの効果もあるので、この市販薬は試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ベトネベート軟膏

こちらは、医療機関でも、外耳炎の際に処方される薬で「リンデロン」という薬の代役として使用されることがある市販薬sです。
炎症に非常に効果が高く、またステロイドの成分が入っています。

テラコートリル軟膏

こちらは、膿みの症状や炎症に効果がある軟膏です。
抗生物質とステロイドの2つの成分が入っているので、外耳炎の症状に幅広く使用することが出来ます。
しかし、万能ではあるのですが、ステロイド作用は低めなので、軽症の際に使用することが好ましいです。

フルコートF

こちらも上記同様に、抗生物質とステロイドが入っているので、膿みや炎症に効果があります。上記のテラコートリルよりもステロイドの効果が高いです。
軽症意外にも、症状が重くても効果があります。

以上が外耳炎の市販薬ではあるのですが、実際の自分の症状と合わないということがあり、素人で判断できない場合がありますので、可能な限りは医療機関での治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク

 

関連ページ

外耳炎の痛みにはロキソニン?
外耳炎の薬「リンデロン」について
外耳炎のお薬ゲンタシンとは
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と薬局の種類
外耳炎の軟膏「ゲンタシン」ってどういう薬?
外耳炎のお薬「フルコート」はどんな薬?
外耳炎のお薬「セフゾン」とは?
耳垢の掃除で傷ついた時にオロナイン軟膏での対処方法について
外耳炎の薬ステロイドの副作用とは?
外耳炎の抗生剤治療とはどんなもの?
ロキソニンで外耳炎の痛みが取れないのはなぜ?
軟膏のオロナインを塗る等の外耳炎の対処について
外耳炎の治療でマキロンは使える?使えない?
外耳炎のかゆみ止めはどのような物があるの?
犬用の外耳炎の薬もあるんです!!
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と抗生物質の効果や作用
外耳炎に効果のある漢方はどのような物があるの?
外耳炎のリンデロンという薬の成分
外耳炎のリンデロンという薬と副作用
外耳炎の痛み止めの効果や作用
外耳炎の治療薬であるベトネベートN軟膏ASに含まれる成分
外耳炎の頭痛の薬の作用や効果
耳がかゆい時の治療とオロナインの効果
外耳炎の注意点と薬について
外耳炎の治療と市販のかゆみ止めの効果
外耳炎はオロナインで治るのでしょうか?
外耳炎に効く薬と市販の飲み薬について
外耳炎に効く市販薬のフルコートの効果と副作用