MENU

外耳炎に効果のある漢方はどのような物があるの?

スポンサーリンク

耳の病気というのは、様々ありますが、その代表的な病気の外耳炎と言うものがあります。
これは、外耳道に炎症が出来る病気であり、慢性化すると、症状が治まるまで、数年と長い期間が掛かる病気でもあります。
この外耳炎ですが、初期の段階で、医療機関で治療を行えば、さほど長期化することもなく、1週間から2週間ほどで症状が治まるものです。
また人によっては放置してすぐに治ったということもあります。
かといっても、放置すると、慢性化した際に非常につらい思いをすることになりますので、極力は避けていただきたいと思います。
このような、症状に効果的なものといったらなんでしょうか?
ということで外耳炎に大事なものと言えば、「処方箋」です。
病気を治すということに関しては処方箋という薬が必需品になります。
ですが、中には、あまり薬を使用したくないという方もいらっしゃいます。
また、自然治癒力を高めて症状を改善出来ればな〜という考えのかたもいます。
外耳炎で使用されるステロイドというのは、効果は強いのですが、長期の使用に不安を覚えるという人もいます。
今回はそのような方の為に「漢方」について説明をして行きたいと思います。

スポンサーリンク

漢方というのは、その人それぞれに色々な物をまざて、専用の薬を作るものですが、現在の処方箋の根源でもあり、今もなお漢方というのは、信頼も厚く利用されています。
では外耳炎に効果のある漢方とはどのようなものなのでしょうか?
外耳炎に効果のある漢方としては「小柴胡湯(しょうさいことう)」という物が効果があります。
また同じくこちらは、中耳炎にも効果があるのですが「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」と言うものもあります。
これらに関しては、専門家が症状によって分量を調節することになるので、一概にどれくらいの量が好ましいのかと言うことは言えませんので、専門の方に尋ねるようにしてください。
漢方は確かに効果はあるのですが、やはりこれだけでは外耳炎を完全に治すと言うことは難しいかと思います。
そのため、西洋医学と東洋医学の両面での治療を行うようにしてください。
いくら薬が嫌でも、早期の場合であれば、治療が速く終わります。
そのため、抗生物質や漢方、などいろいろ複合して見るのもいいかもしれません。
組み合わせによっては薬の効果を弱めることもあるので、医療機関で尋ねるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

関連ページ

外耳炎の痛みにはロキソニン?
外耳炎の薬「リンデロン」について
外耳炎のお薬ゲンタシンとは
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と薬局の種類
外耳炎の軟膏「ゲンタシン」ってどういう薬?
外耳炎のお薬「フルコート」はどんな薬?
外耳炎のお薬「セフゾン」とは?
耳垢の掃除で傷ついた時にオロナイン軟膏での対処方法について
外耳炎の薬ステロイドの副作用とは?
外耳炎の抗生剤治療とはどんなもの?
外耳炎の市販薬ってどういうものがあるの?
ロキソニンで外耳炎の痛みが取れないのはなぜ?
軟膏のオロナインを塗る等の外耳炎の対処について
外耳炎の治療でマキロンは使える?使えない?
外耳炎のかゆみ止めはどのような物があるの?
犬用の外耳炎の薬もあるんです!!
外耳炎のことならおまかせください。
外耳炎の薬と抗生物質の効果や作用
外耳炎のリンデロンという薬の成分
外耳炎のリンデロンという薬と副作用
外耳炎の痛み止めの効果や作用
外耳炎の治療薬であるベトネベートN軟膏ASに含まれる成分
外耳炎の頭痛の薬の作用や効果
耳がかゆい時の治療とオロナインの効果
外耳炎の注意点と薬について
外耳炎の治療と市販のかゆみ止めの効果
外耳炎はオロナインで治るのでしょうか?
外耳炎に効く薬と市販の飲み薬について
外耳炎に効く市販薬のフルコートの効果と副作用