MENU

外耳炎の症状で耳が詰まった状態とは?

スポンサーリンク

外耳炎の症状の大まかな物を上げますと、「耳の閉塞感、難聴、強い痛み、耳垂れ、強い痒み」などがあります。
これは大まかな症状ですのでそれ以外にも症状はあるのですが、この外耳炎の症状の中で、「耳の閉塞感」耳の詰まりについて今回は説明をしていきたいと思います。
これは、外耳炎の症状の特徴でもあるのですが、この閉塞感の時というのは一体どのような状態になっているのでしょうか?
耳のつまりの原因と言っても、考えられることは沢山ありますので、自分がどのような状態なのか?とはっきりと断定できるわけではありませんので、ご了承ください。
では、最初に考えれるのは、「真菌」です。
最初に上げるのもなんですが、外耳炎の原因というのは、細菌もしくは真菌になります。
そのため、外耳炎の部分で真菌が発生している場合というのは、耳の通路を塞ぐことになりますので、注意が必要です。
また、真菌というのは、カビの一種になりますので、非常に強い痒みを発生させる事がありますので、しっかりと治療を行い、再発がないようにしましょう。

スポンサーリンク

続いてが、「膿み」です。
これも外耳炎の症状としてあるのですが、炎症をお越している部分に膿みが発生している際に、膿みによって外耳道を防ぐと言うことがあります。
これと合わせて「炎症」もあります。
これは外耳道が腫れると言う状態です。炎症と膿みは閉塞感に関しては、セットの様なものなので、外耳炎の根本の症状を改善していけば次第に改善します。
そして、「リンパ液」がたまるという際にもこの症状は起こります。
これはリンパ液がたまり塞ぐと言うものです。
続いてが「かさぶた」です。
これは、外耳炎の症状が終焉を迎えようとしているいいじょうたいでもあるかもしれません。
かさぶたによって耳を塞いでしまうと言うことがあります。
そして、そのほかとして「耳垢」の大量発生もあります。
このように、外耳炎の症状というのは様々あります。
そして、耳の閉塞感に関しては耳の状態によってことなっています。
ですので、医療機関で質問をする。また自分の現在の症状をしっかりと把握するというのが大事になってきます。

スポンサーリンク